ちょっと鉄分表札

ちょっと鉄分【新幹線】鉄道表札《デザイン集(東日本編)》

◆ 始まりはちょっとしたこと・・・ ◆
ある時、お客さまからこんなご相談をいただきました。
「実は、駅名標型表札に関心があるんですけどね、うちの家族がちょっとねぇ・・・」
事情を察したうちのスタッフも、
「なるほど。鉄分が高すぎていやだということですよね(笑)」
というように、鉄道趣味を表札に入れたい方で、ご家族と折り合いがつかない!

そこで今回登場したのが・・・

◆ちょっと鉄分【新幹線】表札《鉄道表札デザイン集》

  ★大きさは149×194mm(5mm厚アクリル)。基本価格は11000円(送料・税込)。
各種ロゴマークなど追加デザインのリクエストにも対応します。

1・【東北新幹線E5系風】ちょっとE5系風カラーリングのデザイン表札
東北新幹線の新しいスタンダード車両として勢力をどんどん強めているE5系車両。速達タイプのはやぶさ号に加えて、はやて号、盛岡以南と東京を結んでいる「やまびこ号」、郡山以南の「なすの号」等にも使用されるようになっている車両で、グリーン車よりハイグレードなグランクラスを初めて採用したことでも知られています。
光沢あるグリーンと鮮やかなピンクで、カラーリングも個性をアピールしているデザインの車両です。

2・【上越新幹線E4系風】ちょっとE4系風のカラーデザインの表札
長い間、東北新幹線および上越新幹線の大量輸送の重責を担ったきたE4系MAXはオール2階建て構造が特徴のMAXシリーズ、2代目。現在(2012年12月)は、上越新幹線のみで【MAXとき、MAXたにがわ】としての活躍となりましたが、まだまだ主力として活躍中です。特別整ったスタイルではないかもしれないけど、幅広い年齢層のファンにとっての隠れた人気車両だそうです。
新幹線の数ある車両たちの中で黄色いラインをまとっているのはこのE4系のみ。パッと一目でわかるところが「ひそかに」鉄分高めでいいですよね~。

3・【秋田新幹線E3系風】ちょっとE3系のカラーデザインの表札
可愛らしさを求めるならこのE3系秋田新幹線風のデザインがベストの選択じゃないでしょうか。E6系の登場で徐々に置き換えられていくことが決定し、秋田新幹線こまち号としての活躍はいつまでかわかりませんが、清々しいホワイトと可憐なピンク色がとても可愛くて親しみやすいカラーリングのデザインです。
「ミニ新幹線」と呼ばれるタイプの車両なので、線路幅だけ広げた「在来線」の区間を走り、田園風景や踏切のある路線を走る姿も見ものですよね。雪景色だと特に素敵なんですよ。

4・【山形新幹線E3系風】ちょっとE3系山形のカラーデザインの表札
緑のラインは山形新幹線だけの特徴。以前活躍していた元祖ミニ新幹線、400系から受け継がれているカラーリングです。無機質なシルバーのボディーに丸みを与えるグラデーションが際立ちます。
カラーリングこそ同じですが、山形新幹線にはE3系1000番代と2000番代という2種類の車両が走っていて、違いを楽しめます。また2012年は開業20周年の節目でもありましたので、ラッピング車両(いろいろなフルーツや将棋の駒、花笠踊りのSUICAペンギンなど)がにぎわしていました。

5・【上越新幹線E1系・E4系MAX風】ちょっとE1系のカラーデザインの表札
上越新幹線で長く活躍し、ついに終焉を迎えてしまったE1系は、このやわらかなピンク=「朱鷺色」のラインが地域色を感じさせるインパクトがあり、多くの人の記憶に残りました。紺色とのバランスもいいですね。その後、E4系MAXの帯色も黄色からこの朱鷺色に変更されて現在まで受け継がれています。
すでに姿を消したE1系の方は、車体に朱鷺が飛んでいるデザインのステッカーが貼られていましたが、末期には朱鷺のヒナも描かれて話題になっていました。

6・【東北新幹線E2系風】ちょっとE2系東北のカラーデザインの表札
2012年時点では東北新幹線の各車両形式の中で最大勢力を誇るE2系。E5系の勢力が拡大してゆくにつれて、やや「一世代前」という印象を持たれつつありますが、現役バリバリの車両ですから人気だってまだまだ高いものがあります。E4系が上越新幹線にすべて転出した今、東北新幹線の仙台発着「やまびこ」は多数がこの車両を使用していますし、上越でも主力として頑張っていますね。
よくよく見ると、運転席の窓のワイパーが1本のものと、2本のものがあったりして、マニアは違いを楽しんだりします。

7・【長野新幹線E2系風】ちょっとE2系長野のカラーデザインの表札
同じE2系でも東北新幹線用より一足早くデビューした長野新幹線向けの車両。絶滅目前の状態にいる車両でもあります。

東北用との外観上の違いは少ないですが、ピンクのラインが赤になって、一層コントラストがはっきりしています。
この赤い帯色は長野の特産品でもある「りんご」をイメージした赤だそうですが、面白いことに、ボディーに貼られているステッカーは、長野用が「風」で、東北用が「りんご」(青森特産)なんですよね。両車とも、違った仕方でりんごをアピールしているということのようです。

◆【フォントも変えられる】

 ★フォントも選ぶことができます。(追加料金がかかります)どのような雰囲気のフォントをご希望かをお聞かせください。それによって料金が変わりますのでフォントが確定して料金も確定します。

◆【お好きなロゴマークを入れたり・配置を変えたり・・】

100系ロゴマーク入り100系ロゴマーク・変則バージョン
元のデザインとだいぶ違ってきてますが、それもお好みですからご依頼くださるご本人様さえ良ければそれでいいんです(笑)。

★とにかくしたい放題リクエストしてみてください。お見積りは無料です。

◆ ちょっと鉄分表札のご注文方法 ◆

FAXかご注文フォーム、お急ぎの場合は電話でもご注文いただけます。
お問い合わせ・ご注文用フォーム

●ご要望がありましたら具体的にお伝えください。
デザインの確認をメール(画像添付)で行ないますので可能な限り
PCのメールアドレスをご明記ください。こちらから返信します。

●製作のご契約は価格や納期などをご納得いただいた上で成立しますので、気軽にご連絡ください。
ただし、デザインは商品ですので、ご注文成立まではサンプルをお送りできません。
つまり「見てから考えるので作ってみてください」というご依頼にはお応えできません。

■ FAXでもご注文いただけます。FAX:0229-72-2282

● FAX用フォームのダウンロード          |
フォームPDFはこちら】【フォーム記入例はこちらから

■ お急ぎの場合は電話でも。携帯:070-5651-1158

◆日本海ファクトリー◆
〒989-6412 宮城県大崎市岩出山下野目小泉74-4
★ ご注文の手順解説へ ★

保存

関連記事

  1. もうちょっと鉄分表札!~思わずニヤリとさせちゃいます~
  2. 寝台特急カシオペア号レインボーライン拡大 寝台特急カシオペアのレインボーラインをマイカーに再現!
  3. N700Aのロゴマークとブルー帯を車のサイドラインに

Twitter でフォロー

buttonbutton-mbutton-tel

◆日本海ファクトリー◆
〒989-6412 宮城県大崎市岩出山下野目小泉74-4
FAX:0229-72-2282

★【ご注文方法の詳細解説】★

ピックアップ記事

  1. 東海の駅名標のデザインをウェルカムボードに
PAGE TOP